フリーランスの傍らで、自作小説を公開するホームページした男性

3年目のWEBエンジニアがフリーランスになるまで

フリーランスの傍らで、自作小説を公開するホームページした男性

東京都豊島区T.Dさん

フリーランスをやりながら、小説を書いているのですか?

はいそうです。
フリーランスは受託ではなく、派遣がメインです。
都内のSIに常駐して上流工程をこなしています。
国土交通省が主な顧客なのですが、そのプレゼンに毎日汗を流している感じです。
ただそれだけの毎日だとストレスが溜まるため、趣味の小説を書いてストレスを発散させています。

その小説は公開しているのですか?

はい。公開しています。
10年ほど前から趣味で小説を書いていて、そのとき作品を発表するホームページを作りました。

どこのレンタルサーバーは借りましたか?

ロリポップを借りていました。
ネコのホームページを作っているフリーランスの方からオススメしていたサーバです。
猫のホームページを作った話
ロリポップは料金が安くて、初心者向けに作られたサーバなのでハードルがかなり低く感じました。
またサーバ落ちが少なくて今までサーバでトラブルが起こったことは無いですね。

作成に当たっての苦労話はありますか?

HPを作るのは初めてでした。
ほとんど分からないまま作り始めたので、公開するまでが本当に大変でした。
専門用語が難しくて、ロリポップの専門用語辞典みたいものを読んでもよく理解出来ず、
何となく読み進めて作業をしなければなりませんでした。
そしてHTMLも全然分かりませんでした。
デザインをロリポップのサポートにある中から選んで、そこから自分好みに細部を調整していくのです。
しかし手を付けてはいけないところをいじってしまったらしく、画面がめちゃくちゃになってしまいました。
しかも、あともう少しというところで手がすべってしまい、全て消してしまったこともありました。

他にホームページを作っていて感じたことはありますか?

少し慣れてくるとちょっと凝った仕様に作りたくなってきました。
リンクにポインタが乗ると言葉が浮き出るようにしたり、画像の中にポインタが乗ると別の画像に変わるようにしたりして、カスタマイズしていくのが楽しくなってきました。
しかし、基本をわかってないので、構築するのにまた苦労しました。
何かの指示を入れる時に<>の中にアルファベットで必要な情報を入れていきました。
ところが、<>の中に別の<>を作って指示を入れていくと、訳が分からなくなってしまったのです。
そして、途中の<>の>を入れ忘れて、画面に指示のアルファベットが表示されなくなりました。
結果的に格好悪くなってしまいました。
とにかくややこしく、専門用語が分からないので理解するのも難しかったです。

フリーランスと小説家の二束の草鞋は大変じゃないですか?

小説家ですか(笑)
アマチュア小説家なので大変だと思ったことはありません。
フリーランスの方も大した仕事ではないので、大変だと思いませんね。
一番大変なのは、フリーランス連中との付き合いですよ。

先頭へ戻る